• 医院 古賀

インフルエンザワクチンのお知らせ

更新日:11月2日

10月1日よりインフルエンザワクチン接種を開始しています。

予約は必要ありません。

普段かかりつけでない方も接種可能です。

ご希望の方はご都合の合うお時間にご来院ください。


インフルエンザワクチンについてよく聞かれるご質問についてご紹介させていただきます。


【Q】インフルエンザワクチンとコロナワクチンの間はどれくらい空けたらいいですか?

【A】間隔を空ける必要はございません。厚生労働省からインフルエンザワクチンとコロナワクチンは接種間隔に制限なし、同時接種可能、と指針が出されています。ただし同時接種後に副反応が出た場合にどちらのワクチンが原因かわからなくなるので、ご心配の方は日にちを分けてもよろしいかもしれません。


【Q】 その他のワクチンとの間隔はどのくらい空けたらいいですか?

【A】 その他のワクチン(MRワクチン、帯状疱疹ワクチンなど)との間隔についても特に制限はございません。


【Q】 インフルエンザワクチンの効果はいつ頃からでますか?どのくらい持続しますか?

【A】 接種後2週間ぐらいから効果が発揮されて、およそ3-5か月間(個人差あり)持続すると考えられます。例年、12月後半から流行が始まり1月-2月にピークを迎えて3月頃まで続くと想定すると、10月から11月末までに予防接種を受けておくことをお勧めします。


その他ご質問がございましたら是非お電話でお問い合わせください。



古賀医院では患者様のニーズに合わせて、泗水町のみならず菊池全域への訪問診療(内科診療全般)を行っております。


ご希望の方、お悩みの方は、お気軽に声をおかけください。



菊池市泗水町吉富宝町1723

古賀医院 院長 古賀荒太郎

電話番号 0968-38-2222



最新記事

すべて表示

当院では新型コロナウイルス感染症が流行して以来、発熱の方について抗原定量精密検査(PCRと同等の精度)を行っております。 これまで極力お断りすることなく検査を行ってまいりましたが、オミクロン株による第7波の爆発的な感染拡大に伴い発熱外来が逼迫状態に陥っております。 検査物資と医療スタッフの人的資源が限界に達し、発熱でいらした方を長時間、院外待機でお待たせするばかりでなく、一般外来受診の方や予防接種

誠に勝手ながら、下記の通り休診させていただきます。 8/13(土) 休診 8/14(日) 休診 8/15(月) 休診 8/16(火) 通常診療 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力を何卒お願い申し上げます。 古賀医院 院長 古賀 荒太郎

2022年7月1日から8月6日までに当院の発熱外来で新型コロナウイルス検査を受けられた方へお詫びとご報告です。 当院では発熱や咳、咽頭痛など新型コロナウイルス感染が疑われる症状の方に、唾液中の抗原定量検査を行っております。 新型コロナウイルス感染症の治療に関しましては現在一部公費負担が適応されており、その範囲は 「公費負担の対象範囲は、医師が新型コロナウイルス感染症と診断した時点以降に実施した新型