top of page
  • 医院 古賀

お詫び(当院発熱外来を受診なさった方へ)

2022年7月1日から8月6日までに当院の発熱外来で新型コロナウイルス検査を受けられた方へお詫びとご報告です。


当院では発熱や咳、咽頭痛など新型コロナウイルス感染が疑われる症状の方に、唾液中の抗原定量検査を行っております。


新型コロナウイルス感染症の治療に関しましては現在一部公費負担が適応されており、その範囲は

「公費負担の対象範囲は、医師が新型コロナウイルス感染症と診断した時点以降に実施した新型コロナウイルス感染症の治療に必要と認めた医療」

と定義されています。

よって当院では初診時の受診料、検査料、処方箋発行料など診断がつく以前の医療費に関しましては保険診療を行ってまいりました。

しかし通達文を見直したところ、「※検査費用は行政検査として公費となる」との注釈が記載されていることに気づきました。


つきましては本来公費負担であった部分を返金させていただきます。

具体的には保険点数で704点(1割負担・・704円、2割負担・・1408円、3割負担・・2112円)になります。


対象になられる方には当院から順次お電話させていただきますが、もし心当たりがあられる方がおられましたらお手数ですが当院までご一報いただけますと幸いです。

7月1日から8月6日までに当院の発熱外来で新型コロナウイルス検査を受けられた方が対象になります。

お手数をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、今後同様のミスを繰り返さぬよう細心の注意を払いながら診療にあたる所存でございますので、何卒、ご協力の程をよろしくお願い申し上げます。


古賀医院

院長 古賀 荒太郎





最新記事

すべて表示

当院の2022年の診療は12月29日(木)までとさせていただきます 年始の診療は1月4日(水)より開始させていただきます なお発熱外来に関しましては、12月29日(木)午前中までとさせていただきます 当院休診期間中に発熱などの症状がおありの方は下記サイトをご参照なさるか 発熱などの症状がある方 - 熊本県ホームページ (pref.kumamoto.jp) 熊本県発熱患者専用ダイヤル (9:00-1

10月1日よりインフルエンザワクチン接種を開始しています。 予約は必要ありません。 普段かかりつけでない方も接種可能です。 ご希望の方はご都合の合うお時間にご来院ください。 インフルエンザワクチンについてよく聞かれるご質問についてご紹介させていただきます。 【Q】インフルエンザワクチンとコロナワクチンの間はどれくらい空けたらいいですか? 【A】間隔を空ける必要はございません。厚生労働省からインフル

当院では新型コロナウイルス感染症が流行して以来、発熱の方について抗原定量精密検査(PCRと同等の精度)を行っております。 これまで極力お断りすることなく検査を行ってまいりましたが、オミクロン株による第7波の爆発的な感染拡大に伴い発熱外来が逼迫状態に陥っております。 検査物資と医療スタッフの人的資源が限界に達し、発熱でいらした方を長時間、院外待機でお待たせするばかりでなく、一般外来受診の方や予防接種

bottom of page